グアム旅行記
99年10月29日から3泊4日でグアムへ社員旅行に行きました。
その時の感想をまとめてみました。

 やんまー ジョーイおじさん おばちゃん アビサポ
 おいぴょん おーわだ みやちゃん ぴかちゅ〜

 

社員旅行まとめ

(株)アドシステム創立以来、
初めての海外旅行を無事に終了する事が出来ました。
社長のご理解と、社員の皆さんの強い希望と、ご契約を頂いている方々のご理解のおかげだと思っております。

なんにせよ、怪我・病気をする事がなく、思っていた以上に皆さんがエンジョイして帰ってきて仕事を今以上にがんばって来年もまた海外に社員旅行へ行きたいと思ってくれた事です。

今回の旅行で一番の出来事は、最終日にホテルの部屋から下着一丁
でグアムの風景を撮っていた方がいました。
それを、私とやんまーくんがプールサイドから
目撃してしまいました。
(名前はあえて伏せさせて頂きます。)

でも、本当に皆さんがよろこんで頂き嬉しく思っております。
来年は、社員旅行は全員参加で、また海外に行きたいです。

取締役&今回の幹事を務めさせて頂きました。   鱸
 

 やんまー


期間  1999年10月29日〜11月1日(3泊4日)
滞在  第一ホテル
詳細  10月28日(木)
     23:30 スカイコート成田 チェックイン
          (部屋は通常のビシネスホテル、しかし朝食つきで¥5250−なので良しとする)

      10月29日(金)
        7:00 スカイコート成田 チェックアウト
        7:15 成田空港第二ターミナル到着
        9:40 成田空港 出発(JAL941便)
       13:20 グアム着
            (全席禁煙はつらい。それと、行きの便の中で免税品を買いあさるおばさん連中、子供より質が悪い)
       14:30 第一ホテル チェックイン
             30日のココス島のツアーの申込をした後、部屋に入る
            (1237号室 オーシャンビューの最上階、同室者はアビサポ、おーわだ)
       17:30 ホテルの1階ロビーに集合
       18:00 サンタフェにて夕食会(タクシーにて移動)
             ビール(ピッチャー)、ニューヨークステーキ(12オンス、サーロイン)、サラダバー
            (とにかく肉がでかい。最初はよかったが後半は、お腹も一杯だし味に飽きてくる)
       19:30 ドッグレース会場に到着
             インフォメーションにて投票券の買い方を教わり、1〜3レースまで投票権を買う。
             7レースまでやった後、タクシーにてホテルに戻る
       21:00 ホテルの部屋にて
             日本の免税店にて買っておいたワイルドターキーを飲みながら、トランプをする。
            (参加者、鱸、ぴかちゅ〜、おーわだ、アビサポ、やんまー)
       26:00 就寝

      10月30日(土)
        9:00 ホテルの1階ロビーに集合、ココス島に向かう
       10:00 ココス島到着
             オプショナルツアーの申込を行う
       11:00 オプショナルツアーのボブなる乗り物に乗る為、桟橋からボートにてグアム本島とココ
             ス島の中間に位置するボブ乗り場に向かう。
※ ボブ:シーウォーカーのバイク版みたいなもの、前進、右折、左折のみでスピードもそれ程早くなく、浮上する時はガイドの人に引き上げてもらう
            (深さは3,4メートル程潜った地点をガイドに従って移動、途中のポイントにて2、3 
             回餌付けを行う。熱帯魚などたくさんいて海の中はきれいですが透明度は思った程よくない、正味20分ぐらい潜った後、浮上しボートにてココス島に戻る)
       12:00〜ココス島の浜辺にて海水浴&昼食
            (ナマコがいるものの、海の透明度はそれなりによい)
       15:00 集合、バスにてホテルに戻る
       18:30 トニー・ローマ(リブステーキ屋)にて夕食をとる(ホテルより徒歩3,4分)
       21:00 ホテルの部屋にて、トランプをする。
            (参加者、鱸、おーわだ、アビサポ、やんまー)
       24:00 就寝

      10月31日(日)
        7:00 ホテルの1階ロビーに集合、トローリングに向け出発
            (2時間程、走るが30cm程のカツオが一匹釣れただけであった)
       10:30 ホテルに戻りしばし休憩
       11:00 タクシーにてギャラリア(DFS)に向かう
       12:00 ギャラリアからホテルに帰る途中にある藤一(ラーメン屋)にて昼食
       13:00 ホテルの前にあるビーチにて海水浴
            (遠目に見るときれいだが、いざ海に入ってみると細かい藻だらけ、底も一面砂にて
             生物もほとんどいない。度々スコールに会い何度となくホテルに逃げるが、その内面倒になり、ホテルの部屋に戻り休憩)
       18:30 カプリチョーザ(イタリア料理)にて夕食(いいかげん肉には飽きていた)
             バドワイザー・ライト、ピザ1枚、スパゲティー3種
            (スパゲティーが一品にて2〜3人前程の量な為、小皿に分け合う。)
       20:00 鉄砲を撃ちに行く
             22口径、354リボルバー、44マグナム、45オート、M16(ライフル)
            (5種類、撃てるセットが存在、ライフルを撃ってみたかったのでこのセットを選ぶ、他
             に、ショットガン、ベレッタがある)
       21:00 ホテルの部屋にて、トランプをする。
            (参加者、鱸、おーわだ、アビサポ、やんまー)
       23:00 就寝
       
      11月01日(月)
       21:00 起床
            (一度、モーニングでもと思いロビーに降りるがあまりの高さゆえ断念、なんと$16以
             上もする)
       22:00 荷物の整理をした後、ホテルのプールにて日光浴
       12:00 第一ホテルをチェックアウト
       13:30 ホテルを出発
       14:00 空港着
             チェックインをすませ、土産物を買い遅い昼食をとる
       15:40 出発
       18:30 成田着
            (日本に天候が悪かった為、揺れるかと思ったがさほど揺れなかった、帰りの機内食が不味かったこと、グアムで準備したものだろう)
       19:23 京成スカイライナーにて帰路に向かう

感想  予想したより天気がよかった為、それなりに行動できた為、参加したかいがあった。12年ぶりのグアムであるが、相変わらず日本人だらけで現地でもほとんど日本語が通じる。以前は12月と寒い時期にいったがかなり湿気が多かったのに対し、今回はそれほど湿気も多くなく気持ちよく過ごせた。1ダース(350mlX12缶)の現地ビールが$7程(730円程)、やはり日本は高い。

 ジョーイおじさん


初 日:到着後は少し休んでから全員参加の晩御飯を食べ
    その後ホテルへ戻り夜に7-11に買い物に行き消灯。

  夜 サンタフェグリル

2日目:本当はアーバンビーチクラブのヘリコプターツアーに
    参加したかったが,9月いっぱいで
終わってしまったとの
    ことだったので,仕方なくギャラリアへ行き遅い朝食を食べた後に
水族館へ行き魚を鑑賞後ゲームセンターで2時間程遊びその後Kマートへ
    行きかい出しをして夕方5時頃ホテルへ。
    休む間もなく夜はマイクロネシアモールのデニーズへ
    晩御飯を食べてホテルへ。

  朝 ギャラリア内 グアムトロピカルカフェ
  昼 上に同じ
  夜 マイクロネシアモール内 デニーズ

3日目:早朝に朝市へ行き約1時間半市場をうろうろしていましたが
    上の子のトイレとか雨のおかげでゆっくり見る暇がなかったので
    あまり面白くない時間でした。
    午後からまたまたマイクロネシアモールへお土産を買いに。。。
    子供が寝てしまったためそのすきに買い物をすませ。
    その日の夜はハロウィンだった為、
    子供と一緒にマイクロネシアモールの店をまわり
    お菓子をもらいまくり、夜はKマートでお土産の
    買い出しの続きをして、夜10時頃ホテルへ。

朝食 朝市内の屋台
昼食 マイクロネシアモール内 ケンタッキーフライドチキン
夜食 マイクロネシアモール内 タコベル


最終日は特に何もせず帰り支度で集合時間となり
帰国!


感想:予想通り子連れで海外は疲れました。
   でも皆さん子供の相手をしてくれたので非常に助かりました。
   ただ子供(下の子)は疲れてしまったらしく,
   帰国した次の日はずっと寝ていたらしいです。
   
やっぱり生後6ヶ月にはちょっときつかったかな???
   グアム自体は目的のヘリコプターに乗れなかったので
   買い物中心になってしまい少しもったいなかったです。
   でもヘリコプターに乗れなかった時点で少しやる気も
   なくなりました。
   トータル的にはやっぱり疲れました



                        ジョーイおじさん

 おばちゃん

日付 時間 内容  
10/29 9:40 東京発 JAL941   機内食  
  14:10 GUAM着        
  15:30 ホテル着 第一ホテル(最上階)      
  18:00         サンタフェグリル
    ドッグレース $6→$14(^^)      
10/30   部屋        
  8:45 Pickup OP(島内観光)|海中展望塔      
      ラッテストーン公園      
      スペン広場      
      恋人岬      
      昼食   クラレット  
       DFS ギャラリア      
      マイクロネシアモール      
      解散      
  18:00 Pickup OP(アガニャ・ベイ・サンセット・クルーズ゙     サンセット・クルーズ
10/31       クレオール    
  10:15 Pickup OP(スカイダイビング)      
    ショッピング マイクロネシアモール   バーガーキング  
      ザプラザ(マイクロネシアモール)      
      タモンサンズプラザ      
      DFS ギャラリア      
            トニーローマ
11/01     プラネットハリウッド      
    ショッピング DFS ギャラリア      
      Kマート      
  13:20 ホテル発        
          ドミノ・ピザ  
  15:40 GUAM発 JAL942      
  18:20 東京着        

10/29(金) 海外初体験の巻
まずはJALの機内食に期待していたが予想外であった。
変に凝らずに単純な料理の方が美味いだろうと感じた。帰りの「あずきケーキ」には興醒めした。
無事グアム空港に到着。
入国審査での「Sightseeing」を言うはずが出鼻を挫かれる。 
なんと日本語だ!びっくりした。景色がさすがに違った。うーーーん海外だ!
感無量だった。 さすがにグアムは暑い!さらに湿度も高い。
今回は雨季だからなのか…ゲゲッ。 バスに乗り込む。早速ビデオ撮影開始。
日本車ばかりである。さらに傷だらけ。日本では考えられない。
ホテルにチェックイン。聞いてはいたが第一ホテルは予想通りであった。
オプショナルツアーの予約後部屋に入る。 それでも最上階というのは気分がいい。
スカイダイビングだけはツアーデスクで取扱っていなかった。
部屋の電話から予約することにした。 当然、
嫁さんの出番である。
ダイヤル後、「ハロー 〜〜…」英語で予約してるよと尊敬する。 でも何かがおかしい。
番号を言ってる?? まさか…  実は雑誌に書いてった番号がミスプリだったらしく、
本当の番号を聞いていたのだった。 案の定、予約は当然日本語でOKであった。 
しかし嫁さんがホントに英会話してるのには驚かされた。 Kマートに徒歩で行くことにした。
失敗であった。グアムは車社会だとは聞いていたがひどすぎる。 
歩行者の信号は自動でなく手動だ。Walkになるまで長時間待たされ歩き出す。
しかし2、3秒後には 点滅してSTOPになる。これにはびっくり仰天だった。
Kマート。何もかもがデカイ!カートのでかさがアメリカを物語っていた。
17:00ホテルからタクシーに乗り、参加者全員で夕食である。場所は「サンタフェ」。 
海に面したレストランで眺めは最高だ。
とにかくメニューを眺る。肉の単位がオンスでピントこなかったがとにかく肉である。
ビールを飲みながら肉を待つ! 来た! 皿がでかい。肉もでかい。早速食べてみる。固い!!
基本的にアメリカはウエルダンなのか。焼き過ぎだ! それでも肉は全部平らげた。 
ライスもあったが一口で食べるのを止めた。カリフォルニア米だろうか、
やはり日本の米のようには いかないようだ。 満腹になった。  
夕食後、ドッグレースの場所が近所ということで行ってみる。 犬のスピードにまたまた驚いた。
$6賭けてみたがなんとビギナーズラックで$14にもなった。 
4レース目まで見て、数名でタクシーに乗り込みKマート経由でホテルに帰ることにした。
Kマートで朝食等を購入しホテルに戻った。 やっぱり牛乳もパンも日本のほうが美味しい〜。


10/30(土) オプショナルツアーの巻
 8:45にホテルでピックアップ後、オプショナルツアーのグアム観光です。
乗り込む際に業務用ビデオを持つエンジェル(覚えやすい名前だ)が私たちのことを撮影していた。
ビデオは昼食時に予約できるというものでした。目的地に行く間、
日本人のガイドさんが休むことなく しゃべり続けていたうえに、こらまた早口でした。
まず行った場所が「海中展望塔」だ。 300メートルの桟橋を渡り、
らせん階段を降りると水深10メートルのフィッシュパラダイスである。
入口でいきなり記念撮影でした。今後この手の記念撮影が何度もあったことも書いておきます。
帰り際売りつけられ、まんまと購入してしまった。うー情けない。
続いて「ラッテストーン公園」に「スペイン広場」だ。
「ラッテストーン公園」はスペイン広場の裏手にあり、ラッテストーンと呼ばれる
高さ1.5〜2mのコケシ状の石柱が並んでいる。この石は宗教的な意味合いや高床式建築物の
土台ともいわれる。現状では後者が実際らしい?「スペイン広場」:スペインの総督邸が
あったところ。スペイン総督邸跡、チョコレート・ハウス。聖母マリア大聖堂などがある。
この一帯がグアムの行政の中心地だそうだ。もっと敷地が広いのかと思っていたので
期待はずれでした。
バスに乗り込む前に「ヤシの実」を飲んで食べてみた。
絶品であった
初めて食べて感動する食べ物も珍しい。 こりゃ美味い!(喉カラカラだったからかも・・・)
この時間帯はやたらとスコールがあったのを覚えている。
観光の締めは「恋人岬」である。なんでも今年の初めに展望台の改装をしたらしく小奇麗であった。
海抜123mの断崖になっており、展望台からはタモンの美しい海岸線をはじめイパオ岬、
オロテ岬までを一望のもとに見渡せる。当然伝説はつきものなので書くのは止めておきます。
岬はどこでも恐いものだ。この日も強風でさすがに足がすくんだのを思い出す。
お楽しみのランチである。なんと宿泊ホテルの第一ホテルに戻るではないか。
1階にある「クラレット」である。少々拍子抜けはしたが、
フランス料理のコースで美味しく食べられた。帰国後のリサーチで
日本人シャフだという記述も見かけた。前述していたビデオは当然買ってない。
ビデオ撮影をしていたエンジェルはここで任務終了でした。
午後からはショッピングであった。DFSギャラリアに続きマイクロネシアモールに
到着したところで解散でした。
DFSは観光客しか来店できない仕組みであり、当然のように日本人ばかりであった。
マイクロのほうは対照的にいかにも地域の大型店という感じで外国という雰囲気であった。
ディナーは
アガニャ湾のサンセットクルーズでした。17:00にピックアップ後に乗船した。
またしても記念撮影である。今度はビキニ姿の女性とハイポーズ! やはり買わなかった。
あいにくの天気でサンセットはお目にかかれなかったが、地元のチャモロ料理はまー美味しかった。
ここでもカリフォリア米は駄目であった。食後は唄を聞き、みんな踊らされ、
楽器を演奏して終わった。降りるときには汗びっしょりであった。
船長は日本人女性と結婚してることもあり日本語がペラペラだった。
印象に残ったといえば、船内のポスター類?には疑問を感じた。
日本人を意識してだろうとは思うが金閣寺や浮世絵なのだ。
やはり日本のイメージなのだろうか・・・?
2日目はオプショナルツアー漬けの1日であった。

10/31(日) 飛ぶ!
 旅行のメインイベント スカイダイビングである。
10:15にピックアップ後、他のホテルの人を一人拾ってから現地に向かった。
デスクで日本人の女の子が対応してくれた。スカイダイビングのビデオを見がら誓約書を書かされた。
死んでも訴えませんとうものである。
ここで問題が2つあった。一つは高度の問題であった。
なんでもスカイダイビングの醍醐味は
時速200キロで落下するフリーフォールだ。
基本料金だと2400mだが追加料金$20で3000mになるという。
しかし飛ぶ4名全員の了解がないと当然駄目だということだったが、全員一致で追加料金を払った。
もう一つは予約しておいたビデオ撮影が当日になって急に
一人しか撮影できないとうものであった。
泣く泣く妻に譲ってしまった。それにしてもショック!
飛び終えた客が帰ってきた。撮り終えたばかりのビデオを編集するのだが、
控え室のテレビに写し出されている。それを見ているうちに緊張し始めたのを思い出す。
ジャンプスーツに着替え、スニーカーを無料レンタルし、マスターと接続される器具を装着した。
ここでハイポーズ。いよいよ始まりだ。
セスナの前で最終的な指示を仰ぎ乗り込んだ。ジェット機と違いプロペラ機である。
飛び降りるための扉の部分にはなにもないのだ。離陸時はさすがに怖かった。
さらに上空で旋回した際の扉のない部分が最後まで恐怖心を加速させた。
離陸してからの時間はあまり覚えていないが、上空ではグアム島は一望できたを覚えている。。
やはり島が小さいのか、高度が高いのか・・・いよいよダイビングである。
順番は妻がビデオの関係もあり一番で私は2番だ。それまで余裕な表情をしていた
妻もさすがに緊張してきたようだ。妻が飛んだ。私がすぐにスタート準備をした。
ワン・ツー・スリーで落ちた。その瞬間未体験な空間があった。
頭を上げ、手を広げ、お腹を出した。200キロものスピードで落下してるとは到底思えなかったが、
聞こえてくる風の音はそれを物語っていた。自分で大声で叫んでみたが自分の耳には聞こえないのだ。
数秒後、身体が上空に引き上げられた。パラシュートが開いた。
開いてからはグアムの景色を眺めながら5分くらいで地上に着陸した。
着陸した場所は、グアム大学の北にあるフットボール場であった。
着陸後、呆然としていたのを覚えてる。あの感覚は何だったんだろうかと・・・
一方妻はビデオ撮影もあってか最後の着陸であった。着陸後、
ビデオカメラに向かって大はしゃぎである。
「Beautiful!Wonderful!Funtastic!」と・・・女は違う・・・
記念すべき言葉になるだろうと感じた。
車でスタートした場所に戻り、早速ビデオの編集が始まった。
変なものでテレビで映し出されると他人に思えてしまう。
しかし映し出されてるのは、まさに妻である。
フリーフォール中でも余裕なパフォーマンスをしている。
圧巻は飛ぶ前に注意はされていたが、妻の腕時計が風で吹き飛ばされる瞬間をビデオは
しっかりととらえていたことだ。やはり時速200キロはすごい。
修了書を授与され、最後のハイポーズ!
ホテルに帰り、すぐにマイクロネシアモールに行き、バーガーキングで昼食である。
ハンバーガーもコーラもやはりBIGである。その後、ショッピングをしホテルへと戻る。
夕食は妻の要望でホテル近くのトニーローマへ行くことにした。
エレベーターで社長夫婦と一緒になり「どちらで食事されるんですか?」
社長が「トニーローマだよ」と・・・ラッキーである。
この日は社長夫妻によく会っていた。まず朝食でホテル1階の「クレオール(LE CREOLE)」で、
ショッピング途中でDFS前でと・・・4人で定番のオニオンリングを注文するが、
予想以上に量が多く参った。妻はスペアリブを私は肉に飽きたのでシーフードを注文した。
海老・カニと食欲旺盛に食べた。この10/31はアメリカのお祭り「
ハロウイン」で
店員も仮装していたので面白かった。
その後、またしてもショッピングで時間を潰し、
締めくくりはDFSからホテルまで歩いて帰るという本当に疲れた1日であった。


11/01(月)最終日
 最終日である。やはりお土産等のショッピングをするために10時頃にチェックアウトし
DFSに向かった。それにしてもDFSへのタクシー無料は便利である。
DFSではそれほど買うものもなく、やはりKマートに移動した。最後とばかりに大量に買いこんだ。
初めてあの馬鹿でかいカートが丁度いいと感じた。巡回バスを利用して13:00前にホテルに戻った。
バスを待つ間にグアムの海を背景に写真を撮りまくった。
15分程度バスが遅れて到着し、グアム空港へ向かう。
出国審査をし、早速免税店へ行き頼まれていたタバコを購入する。
その後空港内の「ドミノピザ」で遅い昼食をとった。機内食もあるということを忘れていた。
食後の一服をしようと思ったが、空港内で喫煙できる場所は一つだった。
ミニバーだっただろうか、注文してる時にタバコに火をつけた途端に、
店員が鼻の前で手を横にふる仕草をした。
これがアメリカの現状なのかと思った。
金でタバコを吸う。なにか複雑な心境であった。
そういえば、往路でJALで機内全面禁煙にもかかわらず、トイレで喫煙した人が
いたのには愕然とした。たかが3時間程度も我慢できないのだろうか? びっくりである。
グアム空港を15:40に飛び立ち、早速機内食である。 
帰りの車の運転もあったので少し寝たほうがいいと思い、ビールを飲んだ。
高度のせいか?すぐに酔った。直後に寝てた!!初日にも書いたが、
あんこケーキは絶品?だったのを思い出す。 18:20無事成田に到着した。
なぜか税関を通過する際には緊張していた。次回はこんな思いをしないようにと思った。
最後に社長の挨拶で解散となり、マイカーを預けた民間駐車場に電話した。
マイカーを見てびっくりした。たしか洗車無料サービスのはずが・・・それもそのはずで、
この日関東地方は嵐のような雨だったのだ。ブルーになりながら溝の口を目指し、
初の海外旅行は終わりました。
最後に、グアムの臭いと湿度の高さは勘弁してください。
それにしても3時間ちょっとで行ける海外である。次回は海を満喫したいと思う。
 

 アビサポ

【行動】
  初日(10/29)
    成田発
   ->グアム着
   ->ホテル着
   ->全員でディナー
   ->ドッグレース
  2日(10/30)
   ->ココス島
  3日(10/31)
   ->ターザ
   ->ショッピング
   ->観光
   ->ショッピング
  4日(11/1)
   ->ショッピング
   ->グアム発
   ->成田着

【日記】  
  初日(10/29)
   グアムは快晴で一安心、だが思ったより蒸し暑い。
   ホテルで休憩後サンタフェ・グリルにて全員でディナー
   感想は
「肉が大きい、味は大味」
   その後ドッグレースにて小銭を稼ごうと試みるもあっけなく撃沈。
   成績は1勝8敗(だったと思う)、まあ1回勝ったのが救いかな。

  2日(10/30)
   今日も快晴、ココス島にてマリンスポーツに励む。
   ジェットスキーに初挑戦したがかなり面白かった。
   ココスは海も奇麗だし最高〜。
   適当に日焼けをしたりしてビーチでゆっくりとした時を過ごす。

  3日(10/31)
   今日は朝からくもり、しかしターザに着くころには快晴。
   昼過ぎまでウォータースライダーと日焼け(これが失敗)に勤しむ。
   ターザを出て昼飯を取った後、土産物を探しににショッピング開始。
   DFSギャラリア−>マイクロネシアモールとはしごする。
   次ぎに恋人岬を目指す事にするが緊急事態発生。
   手持ちのお金が$3しかない事に気付く。
途方に暮れている所に
   救世主おーわだ登場。すかさずお金を借り恋人岬へ向かう。
   ひときわ高い崖からグアムを一望。景色は奇麗だし気分爽快。
   その後再度ショッピング、DFSギャラリア−>アウトレットモールと
   まわる。夕方頃になるとハロウィンの為か店をまわってお菓子をもらう
   仮装者が増えて来る。
   この日の夜は日焼けのし過ぎで顔と体が痛くて大変な目にあった。

  4日目(11/1)
   昼のチェックアウトまでKマートにてショッピング。
   ホテル出発の時間には初日以来全員がそろう。
   それぞれの行動を話しながら帰路につく。

  その後(11/2〜)
   日焼けの失敗で未だに鼻に痕跡を残す事になった。
   次回行く時は十分に気を付けよう。
  
 「グアムの太陽は痛い」

【感想】
  天気にも恵まれ充実した社員旅行でした。
  普段なかなか会えない人との交流もできたので良かったです。
  家族で行かれた方も良い家族サービスになったのではないでしょうか。
  初の海外での社員旅行でしたが成功だったと思います。

 おいぴょん

<おいぴょんグアム報告>

1日目:グアム到着
夕食はみんなでサンセットディナー(サンタフェ・グリル)
その後ドックレース(30セント勝ち)
ショッピングセンター・セブンイレブンにて買い出し(午後ティーが3ドルもした)

2日目:アルバンビーチクラブでオプションツアー
イルカ見物(寝ながら泳いでた)
パラセーリング
バナナボート
シュノーケル
ジェットスキー など
アウトレットショップ行った後、地元のファミレスで食事(キングスガーデン)
3日目:早朝朝市(日本のフリマのほうが充実かつ豊富)
フルーツパーク(ココナッツミルクの作り方など体験・フルーツ食べ放題)
ミクロネシアモールで買い物
夕食は肉を食べ飽きたので魚介類を食べに(KURUMAYA)
4日目:DFSなどでショッピング
昼食はプラネットハリウッド(東京にもあるようだが・・・)
グアム出発

その他:95%日本語OKで、メニューやパンフレットも日本語のがある
お店や観光スポットのオーナーに日本人が多い
日焼け止めを塗っても焼ける(日本の6倍らしい)
地元の釣り具屋に行きたかった

 おーわだ

おーわだのほよよ日記 〜グアム編〜

<1日目> 完全なるもの。

サンタフェグリル(サンタフェホテル内)にて全員でディナー。
メニューが英語であったが、皆の豊かな語学力を集結し解読し注文。
おーわだは、フィレのパーフェクト焼きをセレクトした。
出てきたモノは、本当にパーフェクトに焼かれていて黒く焦げッティでした。
周りで話しかけたそうにうろうろしてたヒトがオーナー(日本人)でおいしかったですか?と聞いてきたが、味は... I can say No Good!
社長!ごっそさんでした。

部屋割りはやんまーさんとアビサポさん。
お疲れなのか、やんまーさんは高いびき。何度も目冷めるが横を見ても彼はいない。
何処行った?
どうやら彼はベッドとベッドの間に寝るのが好きなようだ。
無意識でベッドに這い上がろうとするが、そこはおーわだのベッド。
潜り込もうとする彼をブロックし再び谷底へ落とす。
今度は、おーわだのベッドとマットレスの間に進入開始。(なんてヤツだ!)
盛り上るマットレスに恐怖を覚え、必死の思いでハードブロック。

ライオンは子供どもを谷底へ落とすというが這い上がるのは生きる為だと聞く。
彼は何の為に這い上がろうとするのか。
無邪気にチャレンジする彼に好感が持てるのはなぜだろうか。
グアムの夜は更けてゆく...。


<2日目> やっぱショーン・コネリーさ。

おいぴょん、ちゅん丸&おーわだで
アルパインビーチクラブ(マリンスポーツクラブ)の99バリューセットに参加した。
まずは、ドルフィンウォッチング。
海の色は、素晴らしいブルー。
グンジョウ色に近いゴミひとつ落ちていない海に感動!
船首に立って風をうけ、青い空と青緑の山のコントラストにまたまた感動。
しかしなかなかイルカ君は現れず、まだかまだかと思っていたら、Over There !
ガイドのあんちゃんが叫んだ先には、イルカ君が息つぎの為にプカリ。
皆が一斉に写真をとっていた。日本人はなぜそんなにも写真が好きなのか。
ファインダーばかり覗いていたら、かえって良く見えないゾ。
おーわだは心のフィルムにイルカ君を激写した。

帰港後、食事(カレー)をとりパラセイリングへレッツゴー!
2人乗りだが、思ったほど高くない。(おいぴょんと乗った)
が、隣りに女の子がのっていれば、さぞロマンティックに口説けたことであろう。
おいぴょんさんには恨みはないデス。

ボートの同乗者がみな飛んだ後、バナナボートにチャレンジ!
ポールポジションをゲットし、エキサイティングな滑りを楽しんだ。
振り落とされまいと力をこめて綱を握っていたが、誰もなかなか落ちず腕は筋肉痛必至の状態に。
ヒーヒー叫ぶ後ろの女の子を尻目に、YEAH!と声を張り上げた。
お約束で落ちる立場は”おーわだ”カナ?と思ったが、タイミングを失いそのまま終了。
鼻水ビョ〜ンはスピードマスターの証だ。

クラブに戻って、ジェットスキーへ。
へっぴり腰でモンキーターンに挑戦。勇気がないのかテクがないのかうまくいかない。
コースを外れずに進むだけの単調なコース。
しょうがないので、これまたスピード狂となり海面を滑る。
イタイ程の波しぶきを受けつつ波を利用したジャンプはまるで悪漢に追われるジェームスボンドのようだ。
今助けに行くぞ、ボンドガール!

ちょっと休んでカヌー&シュノーケリング。
3人力のカヌーは気合いを入れて1・2、1・2。
カヌーは海面を滑るように加速した。呼吸はバッチリだ!
1・2の呼吸がだんだん短くなり、狂ったように漕ぐが、パワー不足のエンジンはすぐにオーバーヒート。

待望のシュノーケル(前日購入)を装着し海中を覗いてみたら、足元に魚がうようよ。
無我夢中で追いかけるが、餌付けには至らず。
カメ爺やタコ坊には会えなかったが、つかの間の海中遊泳を堪能した。

ビーチクラブを後にして、アウトレットショップへ繰り出した。
くまなく探索しお買い物。
自分用のお土産にTシャツを買い、グアム特産品売り場へ。
ココナッツの殻でに顔を描いた小物入れに一目ぼれ。

夕食はアウトレットショップの横のアメリカンダイナーへ。
名前はキングスレストランだったっけ?
日本のファミレスみたいなもんだ。
ここは写真付きなので注文しやすいゾ。
肉料理を指差し、ディスワンプリーズ。
英語が通じたのか、指を差していたのがわかったのか一発で伝わる。エヘン。
日本人にも好まれる味付けにうんまいうんまいの合唱。
デザートは?と聞かれるか、どでかいシュークリーム?にノーモアサンキュ。

時間が過ぎるのはあっという間でバスもない。しかたなくタクシーを探す。
シネマの前でたむろしていた小学生?においぴょんがからまれるがなんなくやり過ごす。
すごいぞおいぴょん。人類みな兄弟だ!
やっとこさタクシーを捕まえホテルに戻る。
アイム フロッグ。ぼくかえる。


<3日目> なんにもないぞ。

今日は、早起きして朝市へ。バスに乗込みおばさん連中とともに現場へ。
地元のヒトでけっこう賑わっていたが、おーわだの目にかなうものは皆無。
バナナ揚げをほおばりながら、キョロキョロ面白いものがないか探したがなんもなし。
屋台でホットドッグを食べてるとそこには、グアムに来て良く見るヒトがいた。
家族で朝ゴハンを食べているその人はジョーイおじさんさんだ。
遭遇率が高いのは行動パターンが同じなのか?
朝市といってもフリーマッケット+八百屋+魚屋みたいなもんで、
ちょっとがっかり。

ホテルに戻り、今回の目玉スカイダイビングへ。
おばちゃん夫妻と待ち合わせ、迎えのバスに乗込む。
空港に到着し、誓約書を書きつつシュミレーションビデオを観る。
案内のネーちゃんは”恐くないですよ”と連発。(それが恐いっちゅうに!)
ジャンプスーツを着用しそれぞれに付くインストラクターを紹介される。
よろしくね。と笑顔で握手するが、心臓はドキドキ。
2人でヒトツのパラシュートに命をたくす。
俺の命はおまえまかせだぞ、ハゲおやじっ!(うそうそ。信頼しているよっ)
ビデオのカメラマンはヒッピー風のなんちゃってジョンレノンだ。
なんとも特徴のある人なんだろう。まさに自由人って感じ。
さあ出発だとドアを開け青空の下へ。
未知なる世界へのドアは開かれた!

ここまでくれば、決心は揺るがない。
持ち前の気合いで”飛んでやる”と自分に言い聞かせる。
乗込んだ小型セスナは狭く、ギュウ詰めになった。
そこから飛ぶのだろう、ドアが着いていない。
ドア部分から覗く地面はゆっくりと走りだし、加速していく。
映画でも観ているかのような妙な気持ち。
旋回しながら上昇を続け、窓から見える景色に感嘆の声を上げる。ホントに奇麗だ。
(こんなこと俺にはなんなくやれるゼ。)
と度胸がある様に振舞い、恐怖心を取り払う。
(たいしたことないぜ!)
思考能力が低下しているのかそればかり心の中で叫んでいる自分に気ずく。
カメラマンのヒッピージョンが支度を始めたことで、
その時が近づいているのが分かった。

(さあいくぞ。)
桂さんが初めに飛び込んだ。あっという間に見えなくなる。つづいて達夫さんも大空へ。
自分の順番になりドアのところへ這っていき下を覗くと、
(下にはなんもない!)
そりゃそうだ。
有無を言わさずにワンツースリーで飛び出す。
一瞬ふわっと無重力状態になったが、前方(下方)からの風にスゴイ力で押される。
ブワォー。
(こんなのは経験したことない! そりゃそうか。)
なにがなんだか分からずに叫ぶ。
(ワォ〜!!!イエ〜〜〜!!!!)
でも自分の叫びは聞こえない。それ程スピードがあるのだ。
落ちているって感じはあまりない。不思議な感じ。スゴイぞこれは。

ガツン!
パラシュートを開いた勢いで、金具がきしむ音と共に上方へ引っ張られる。
股間がイタイがそれが生きている証。
さっきの飛び込んだ瞬間を思い出し全身に脂汗がにじみ出てくる。
靴の下方にはすんばらしい自然が広がる。
森の緑、海の深い青、立体的に盛り上がる白い雲。
ああ、この景色を目に焼き付けておこう。生きてるっていいな。

恐いことはない。やる気になればなんでもできる。
そう思った。
抱えていた悩みはもうはるか彼方に飛ばされていた...。(なんてね)

午後はおいぴょん組と合流しマイクロネシアモールへ。
ハロウィンの夜だけあって、大人も子供も仮装し賑わいをみせていた。
(これならば、昨日m&m'sのかぶりものを買っておくべきだったか)
子供たちの間をぬって走る若者がひとり。
なんとアビサポさんではないか。彼はなにを急いでいるのか?
声を掛けたがなにかひとこと言いそのまんまのスピードで走り去る。
なにがどうした?

買い物を続け、タバコを吸いに外へ出たそこには
アゴに手を付け不安げなアビサポさんがいた。
どうしたの?と声をかけると、笑顔で
「お金なくなってこまっちょる。」だって。
そうか、今朝金庫しまってて、手持ちのお金があまりなかったんだよね。
とんだハプニングも楽しい思い出さ。ね、アビサポさん。

晩御飯は、ホテル横のレストラン”KURUMAYA”へ。
肉ばかり食べていたので、シーフードが良いと意見が一致。
おーわだは、カニ&ロブスターセットを注文した。
よっしゃ、ガブガブ食うちゃるぞ。

出てきた料理はなかなかゴッツイ。
レモンをかけ、バターを乗せたロブスターは絶品!
ポン酢風味のたれで食すタラバガニも口いっぱいに甘さが広がる。
んむー。至福の時だ。
そうこなくっちゃ、これでこそ南の島なり!
一人50ドルはちょっと高めだけれど、ここはオ・ス・ス・メさ。


<4日目> やっぱりグアムはアツかった。

グアムでのバカンスも最終日となり、あと半日を残すのみとなった。
最後は買い物でしめるとしよう。
いつもの3人でデューティーフリーショップDFSへ。

店内は広く、良さげなものやブランドものがいろいろあり目移りする。
「日本より35%安いよ〜。」
という売り子(おばちゃん)の策略にまんまとハマリ、シャツを購入。
おーわだが日本より35%も安いんだよ!って言ったのが引き金となったのか
おいぴょんもシャツの選定にかかる。
あれ?ちゅん丸がいない。何処行った?
周りを見回すが姿は見えず。
おいぴょんが支払をしている間、僕は捜索を開始した。
どこいった〜?ちゅん丸ぅ〜。
なんて叫ぶわけにはいかず、背伸びして歩く。
前方にきょろきょろしているちゅん丸を発見。
背後から近づき声を掛けるが本人はそんなに困った様子ではなかった。
さすが、度胸は座っておる。
その後、おいぴょんとちゅん丸がしっかり手をつないでいたのを
おーわだは見逃さなかった。うぅ〜んアツイね。フフフ。

ブランチはプラネットハリウッドへ。
ハリウッドスターの小道具が壁に飾られていて
メニューも映画のタイトルといった懲りよう。
おーわだの頼んだドリンクはクールランニング。
南国っぽい味だがさっぱりしていてグッド。
テーブルクロス代わりの紙にスターの若かりし頃の写真があって、みんなで当てっこ。
スタローンとブラッドピットはすぐに分かるがあとはさっぱり。
答えを見て、あ〜なるほどね。面影ある!
(帰りにこの紙をゲットしたのは言うまでもない。)
運ばれてきた食事はピザ×2、パスタ、サラダだがこれまたアメリカンサイズ。
全部食べきれるのか?
時間が押し迫っていたのでガツガツほおばる。
シュワちゃん並み(?)の豪快な食べ方にディスィズ ハリウッド!
これで、ホテルでの集合時間にになんとか間に合う。
満腹でタクシーに乗込み、ホテルに戻る。

空港行きのバスが来るまで、浜辺で最後の撮影会。
グアムよさようなら、また来る日まで。楽しかったよ。
(来年も社員旅行があれば是非参加だね。)
一人物思いに更けっているがそろそろ時間だ。
おーわだは太陽光が降り注ぐむせるほど暑い浜辺を後にした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ほよよ日記完

 みやちゃん

第1日目
グァム到着
夕食後、ドックレースへ

第2日目
ココス島ツアーへ
ココス島で、「水中ボブ」なるものを体験
簡単にいえば、「水中スクーター」
目の前に熱帯魚が泳ぐミクロネシアの海中が広がり感動!
もちろん餌付けもしました。
その後は日光浴(焼き過ぎました。)

第3日目
早起きして、トローリングへ
結局、小さいカツオのみで残念でした。
次回は是非!!
船から観るタモン湾はまた格別です。

最終日
早起きしたら窓の外にある物が・・・
早々外に出て、「写るんです」で撮影
自分でも満足する1枚が撮影できました。
次回の機会があれば今度は一眼レフのカメラで
風景写真を撮りたいと思ってる次第。


短い旅行でしたが
大変満足できた社員旅行でした。


 ぴかちゅ〜

1日目
ホテルとうちゃ〜く。
うだうだと夕食までの時間をつぶす。
夕食。タクシーで現地へLet's Go!
全車到着まで、ホテルの入り口にタムロ。
ちょ〜色っぽいネーチャンがいました。
そのネーチャンは彼氏の車?で何処かへ。(問題発言か?)
まもなく、全員到着。
レストランのテーブルへ。
MENU英語で良く分かりません。
誰かが頼んだMENUに便乗。
ビールどうする?って、
ウエイトレスさん。。
ワタシ日本語ワカリマセーン状態。
We have a Picher(スペルミスはご容赦を)
オ〜!ピッチャーがあるって。それ頼もう!
サラダバーは、あちらですってなかんじで言われ
皆思い思いにサラダをGetしに行く。
パン・サラダ・スープ。。おかわりしました。
既に満腹状態。
ビール。ちょっと味が薄いんでないかい?
メインディッシュ。これ喰いきれないのでは。。。
それでも肉だけは、何とかやっつける。
分かった事。ライスはご飯だと思ってはいけない。
ワンコも何処からか御相伴にあずかりに来る。
スコール。屋根のある所で良かった。
もう何も食べられません。
次。ドックレースだ。
タクシーで移動。
運ちゃん。ドックレースの後○○○ランド行く?って、
幾らするんだよ。。なに?約一万円だって。
う〜んと唸っただけ。
レース。単勝ばかり本命に3$。
1・2レースは当たり!3レースハズレ〜
や〜めた。
ホテルへ御帰還。
酒飲むぞ〜。って、水も氷も無いジャン。
セブンイレブンへGO!
店のネーチャン。フローズンをつまみ食い?してた。
目が合った。気まずそうにニコッ。
氷・水。。んっ!ドクターペッパー2リットルのペットボトル。
買っちゃいました。全部で約600円。
結局呑み切れなかった。。
重い。。総重量約8k。。
帰り。
呼び込みのおネーチャンに呼び止められ、怪しげなコンビニ(大阪)へ
セブンイレブンより安いから!絶対に!
チョコレートも安いしって。うん、チョコレートは確かに安かった。
でも、後日お土産に買ったのは、Kマートの@2.50のチョコレートでした。
(中国人ぽかったな、おネーチャン。。)
ヒ〜ヒ〜いいながら、部屋に戻った。
取りあえず、一杯。
おお!宴会部隊の御帰還。部屋を移動して飲み。
カードGAME。。楽しゅうございました。

2日目
朝からバスに揺られて、GUAM南下。
フェリーに乗りココス島へ。
海のなんと、きれいな事。
早速、オプションの申し込み。
ジェットスキー・サンドバギーを申し込む。
セットで頼むと、どちらか一回サービス。
勿論ジェットスキーでしょ。
ジェットスキー(1回目)
飛沫で周りが見えない〜。
ビビリが入りました。何故かひっくり返る恐怖が。
なぜって、ターンのアウトサイドに傾いてしまって。
1回目はコツが良く分からなかった。
ゲーセンのと全然違う。
2回目。気を取り直しひっくり返る気持ちで。
ああ、全然大丈夫だ。OK。OK。
すっごく気持ちい〜。
もっと乗っていたいけど、お時間となりました。
次は、サンドバギーだ。
同意書にサインをって、何?壊したら最大約20万請求するって?
ジェットスキーの時もサインしたけど、読んでなかった。
ま〜いいや。
いよいよバギーに。
うわー。プーリー・ベルト・クラッチむき出しだ。
乗り込む。せまい。2人乗りらしい。
走り出す。ゲッ!これじゃ砂地じゃなくて岩場ジャン。
すっげー跳ねる。さっきの同意書が脳裏に浮かぶ。。
左足がフレームと言うか、ロールバーにあたって非常に痛い。小刻みに跳ねるから。。。
コースは結構長かったので良しとしよう。
再度ゲッ! ライター落としてきた。
インストラクターのニイちゃんにライター落したっていった。
OK。OK。だって。本当かな〜。
次の部隊が走っていった。
笑!2列で走って、怒られてる。
う〜ん、コースが長いから帰ってくるのが遅い。
御帰還。近寄ってくるインストラクターのニイちゃんの手には、何と、ライターが。。
よっぽど、注意して見てきてくれたんだ。感謝。感謝。
チップを$2程。。Thank You!
昼飯。バイキングってあんまり種類が無い。。
でも、カレーはまあまあだった。
後は、ビーチでマットを海に浮かべて漂ったり。
熱帯魚とか見たり。
う〜ん、のんびり、ほのぼの。
おかえりの際、マイレッジの登録。
さよなら。ココス島。
バスに揺られてホテルへ御帰還。
夕食。肉!リブロース。レギュラー1人前食べたら凄い。
笑ったのが、付け合わせのコーン。丸ごと出てきた。
ビール。隣のテーブルのは確かに小さかった。
でも、出てきたのは大きかった。
今日も、お腹いっぱい。
近所のお店へブラッと入る。
安いよってそんなに安いか?ジャパンプレミアムが乗っかってるんでしょ〜どうせ。
もう一けんよってからホテルへ。
お土産買いにKマートへ。
広い、とにかく広い。
ついつい、家電品売り場へ足が向く。
イカン。イカンと必要物資を探す。
シュノーケルセット(これはセブンイレブンの方が安い)
ファービーちゃん
(勿論英語版・空港のDFSの方がおニューが置いてあった。
 値段は、1セントしか違わなかった。)
水(1ガロン)
チョコレート(1個あたり$2.50)
ホテルへ御帰還。
明日は朝早いぞ。
おやすみ。

3日目
何時だったかな。7時か8時だった。
ホテルのロビーへお出迎え。今日はトローリング。
キャプテンに初めてか?って聞かれ。そうだってこたえる。
それは、ラッキーだっていってた。
助手は、レック?さん。
船に乗り込む。ど〜か酔いません様に。
お〜。虹が2本もかかってる。
ホテルの沖を通り、恋人岬の先へ。
それからくるくる回り始めた。(大きく)
かからない。
もう、帰路だったのか。かつおの小さいのがかかった。
魚を良く知らないので、あじだと思っていた。
後で、かつおだと教わった。
ハーバーへ帰る。
送りの車にのり、レックが帰港してきたほかの船をみて、
No Flag ボウズ。って言ってた。
旗を揚げないと、坊主(収穫ゼロ)らしい。
これも、後から教わった。
う〜ん、何も知らない私。。
ホテルへ。
昼を食べに行こうと言う事になり、バス待ち。
来ない。じゃあDFSまで行ってしまえと言う事で、タクシーに乗る。
運ちゃんが面白い。
自称タクシー課長(係長?)さん。
ダンプ松本のおにーちゃん。
アナタタチ、ニホンジン。ワタシ、デブジン。
トローリングで疲れていた私たちは、反応してあげられなかった。
ごめんね。
DFSから結局ホテル付近まで歩いて帰って、ラーメン屋で昼食。
結構いけるではないか。(普通のラーメンが油ラーメンみたいだが)
ホテルに戻り、ビーチへ。。。雨が。
しばらくビーチで遊んだが、また雨が降ってきたので部屋へ。
ベットでごろごろしているうちに、寝てしまった。
気が付いたら夜。
夕食。肉はもう飽きたと言う事で、今日はイタメシ。
ガーリックトーストがおいしかった。
スパゲティ三昧。おいしかった。
難点は、店内禁煙だった事。
お約束のGUNシューティング。
ホテルの近所の店でやろうと申し込んで、金も払ったが、
違う店に連れて行かれた。(USA)
リボルバーの不発が何発かあったが、楽しかった。
M16も撃てたし。
下のコンビニでお買い物。
ホテルへ。
お散歩に行こうと思いお出かけ。でも既に23時を回っていた。
Kマートあたりから、DFS方面へ歩いて、くるっと一周してこようと思ったが、
何と、そっち方面へ行く歩道が無いではありませんか?
交差点で、車にのったニーちゃんが
ヘーイとか言って声を掛けてきました。
最後の夜でなければ、一緒に遊びに行けたかも。。。
でも、あきらめてホテルへお帰り。
おやすみ。

4日目
朝飯。セブンイレブンでハンバーグを買う。
面白い。トマト・レタス等は入っていない。自分で好きな物を好きなだけ入れるシステムの様だ。
2個食べたらお腹一杯になった。
荷物の整理をした後は、お得意のうだうだで時間をつぶす。
昼前、チェックアウト。
出発前控え室で、やっぱりうだうだ。。。
空港。お買い物。煙草だけ。
日本はどしゃ降りだって。やだな〜。

省略

成田上空。夜景がきれいだ。
東京税関。前にいた女性が荷物全開で調べるようだ。
係官。気をつかって、特に申告するもの無ければ、結構ですだって。
成田Times24にTEL。お迎えに来てもらう。
車。パワーウインドウのスイッチはずれてるジャン。
壊したなら、ちゃんと言えよ!
それくらい自分で直すからいいけど。
何故か、下の道で帰ろうと思い、三郷までしたの道で帰る。
三郷から外環で和光まで。
おうちに到着。ただいま〜。

とっても楽しかった。今回の旅行でした。

いじょう。